まずはご近所を探す。baibai-cs

  • 関係市町村(環境保全担当課) 動物愛護センター 警察などに連絡する。
  • チラシを作って貼る。
  • ネットの掲示板に書き込む。
  • ペット探偵を頼む。

というのが一通りのやり方のようです。

上記の詳しい探し方の情報を扱っているサイトがありますので、リンクを貼らせて頂きました。
ご参考にどうぞ。

迷子犬・迷い猫の探し方

 

県内の探偵事務所では

うちの猫がいなくなって、心配で探偵事務所にまで電話したのでそこで得られた猫探しのコツ情報を載せておきます。

電話帳に載っている普通の人間向け探偵事務所にかけまくりました。

ペットの行方捜査も一応やっている所と昔やっていたが、今はしていないという所がありました。

どちらも親切で、探し方を教えてくれました。

1日4時間で2万円という所がありました。それよりは自分たちでポスターを作り、500メートル圏内に、200枚をはりまくった方が、安くつくという話でした。

昔ペット捜査をしていたという所は、なんと十万円分のマタタビを買って家の周りにまき、たくさんの猫が集まってくるので、それで引き寄せる、というものでした。(これはご近所迷惑になってしまいますが)オス猫は5歳くらいになるとなぜか出て行ってしまう猫が多いとか。

ちなみに私たちはA4チラシを10枚くらいしか、貼っていませんでした。室内飼いで去勢もしているのですが、大分遠くまでいったらしく、いよいよ本格的に 行方不明だと思い200枚チラシを作るかと思っていた所、夜中突然帰ってきました。

近所の方にも、聞き、公園にも聞き込みをしてできる事はやりました。
こんな思いはもうしたくないので、徹底的に対策をしたいと思います。

(管理人 タマキ)

 

ペット用探知機 万が一の時のために!

Loc8tor(ロケーター)最近販売が解禁になった商品のようです。一番現実的にペットを探せそうな感じです。普段から首輪につけておかなければいけませんが。

http://item.rakuten.co.jp/56nyan/c/0000000378?l-id=pet_ichiba02

http://www.kk-sansei.co.jp/product1179.html

http://item.rakuten.co.jp/joinus/10001667/

「どこニャン」は生産終了してしまったみたいです が、オークションなどで出されていることもあるようです。家の中程度の範囲しか使えないみたいですが。
http://ctlg.national.jp/product/info.do?pg=04&hb=ER830P

 

マイクロチップについて

マイクロチップは探知機と違って直接迷子探しができるものではありませんが、動物愛護センターなどで、保護された場合、そこでマイクロチップの情報を読み取り 飼い主がいるかいないか、どの飼い主のペットなのかを判別してくれるものです。

大きさは2mm×12mmと小さく、耐久性は約30年、15桁の数字が記録されています。
読取り器で番号を読み取り、データベースに登録されている飼い主の名前などを照会できるそうです。
費用は数千円。各動物病院によって値段が違います。
こちらはアナイスというNPO法人のサイトで、とても詳しく説明されていました。
http://www.animal-navi.com/navi/ready/mc/mc.html

こちらはマイクロチップの埋め込みをやっているケルビム動物病院。
http://www.e-petclinic.net/147okinawa/10989886127.html

あかね動物病院というところでもマイクロチップの埋め込みをやっているようです。ホームページはありませんが、情報だけ載せておきます。

あかね動物病院 住所:首里平良1-18-10 電話:887-4488 休日: 水・祝 ・金曜午後

※マイクロチップ埋め込みの施術は病院によってやっている所とやっていない所があるので、まずはお近くの病院に電話して聞いてみてください。